スキーバスの運転手になるなら大型二種免許の取得を

スキーバスの運転をする仕事に就きたいのであれば、スキーバスを運行している会社に応募する前に大型二種免許を取得しておくと良いです。
スキーバスの車両の多くは乗員が30名以上で、中には50名以上を乗せられる車両もありますが、このような車両を運転できるようになるには大型免許が必要です。



大型免許には第一種と第二種がありますが、対価の授受をともなう運行をするのであれば第二種免許を取得しなければなりません。

ガジェット通信に関する有益な情報をご紹介いたします。

大型二種免許を取得するためには、まず大型一種免許を取得しなければならないと考える人は多いですが、必ずしもこの方法をとる必要はありません。大型二種免許は、満21歳以上で四輪自動車の免許を取得して3年以上が経過していれば取得可能となっています。

ただし、自動車教習所に通って免許取得を目指す場合、必要となる時限数はその時点で取得している免許の種類によって異なります。

日帰りスキーに今、注目が集まっています。

学科教習については、教習所に申し込む時点で第一種免許しか持っていない場合に19時限分の教習を受ける必要があります。

技能教習は、大型一種免許と普通二種免許の両方を所持している場合が13時限と最も少なく、普通MT免許しか所持していない場合が34時限で最も多くなっています。


また、運転免許試験場では、大型以外の四輪車の第二種免許を取得済であれば学科試験は免除され、適性検査を受ければ免許証が交付されますが、大型二種免許がはじめての第二種免許となる場合は学科試験を受けて合格しなければなりません。